ジャガイモ植え付け

昨日からお彼岸に入りましたが、朝はまだ霜が降りることが多いです。

それでも、今日から三連休なので、色々用事がありますが、まずはジャガイモの植え付けを行いました。

Img_0716m

ホームセンターで買ってきたメークイン3Kg(27個)を大き目なものは三分割、普通のものは半分に切って合計61個の種イモになりました。
切り口には灰を付けて腐り防止を行い、3本に畝に30cm間隔で植えていきます。
その後、イモとイモの間にたい肥と化成肥料を入れていき、土を被せて植え付け終了です。

Img_0717m

約三か月後の6月末になれば、収穫です。今年も豊作になり、知り合いにおすそ分けできると良いのですが、野菜作りはお天気次第ですから、荒れないことを願います。

奇跡の一本松2017

親父が昨年末に亡くなり、田舎にはお袋一人のため、時々帰省していますが、今回は東日本大震災から丸6年で七回忌になりますので、お袋の実家の陸前高田に寄って、黙とうしてきました。

Img_0699m

6年経って海側に高さ14mの防潮堤が出来ていました。

Img_0706m

しかし、以前の市街地はようやく盛り土が終わったところで、これから町が形成されていきますが、どれだけの人が戻ってくるか、お金の問題や待ちきれなくて別の場所に家を求めた人も多くいます。

Img_0701m

多くの税金をつぎ込んで復旧しても、人が住んで生活ができる状態にならない限り復興とは言えないでしょう。
それでも、地元の方々は、できる限りの努力をしており、地元以外の私たちも出来る限りの応援をしていくことが大切なことと思います。

支柱立て

今週土日ともにまずまずの転機でしたので、畑の耕起を行いました。

また、キヌサヤが成長し始めてきましたので、近くの雑木林の笹竹を取ってきて、キヌサヤの伸びを支える支柱としました。

Img_0698m

Img_0697m

キヌサヤは何本も茎が伸びてきますので、もう少し大きくなってきたら、もっと支柱が必要になってきます。そのときは笹竹の先端のほうの葉がついている部分を使います。
作業が終わって畑全体を眺めていると、桜の木の先端に目が行き、良く見ると小さな花芽が沢山付いています。

Img_0695m

現在は梅が満開に近いですが、我が家には梅が無いので、桜が咲くのが待ち遠しいです。今年も3月末に開花するのでしょうか。

畑の芝切り

先週に引き続き、畑の芝の整理を行いました。

Img_0692m

今週は右側をきれいに切り揃え、耕運機でならして終了です。
畑の真ん中にコンクリートの土管のようなものがありますが、剪定した庭木やキウイのつる、芝刈りした枯芝などを燃やすのに使っています。芝が無かった時は雨が降ると土がドロドロになって歩けなかったので、芝を敷いてみました。しかし、日当たりが良いので芝がどんどん広がって最初に比べて幅が倍くらいになっていました。今回、切り揃えたのでしばらくは大丈夫と思います。
作業が終わって何気なくブロック塀のほうを見ると、いつの間にかフキノトウが出ていました。

Img_0694m

Img_0693m

寒い日もありますが、確実に暖かくなってきていることを実感しますね。

もう少し数が出てきたら、ふきのとうの天ぷらにして春の息吹を吸収したいです。

畑の準備

Img_0691m

少しずつ暖かくなってきましたので、今日は畑の真ん中に植えて通路となっている芝生の淵を切りそろえ、耕運機で土を掘り起こして柔らかくしました。

スコップで芝を掘り起こし、根に付いた土を落とし、芝は腐りにくいので燃やしてしまいました。十数メートル切り揃えましたが、足腰が痛くなり、左側だけで終了です。

右側は来週行いたいと思います。また、三月になればジャガイモの種いもの植え付けですから、畝の準備も必要です。

そろそろ、今年の家庭菜園の始まりです。

春の足跡?

しばらくサボっていたら、立春を過ぎてしまいました。

最近は寒暖の差が激しく、一日で季節が二、三か月も違ってしまっています。
しかし、確実に春は近づいてきている証拠(?)に、我が家のモグラが活動を始めています。

Img_0688m

以前は、フェンス際の植木の土の部分だけで穴を掘っていましたが、最近は芝生の庭にまで入り込んできています。このままでは芝生が穴だらけになってしまうので、何とか対策を考えないと大変です。
芝生を掘り返してモグラを捕まえるのも難しいでしょうし、何か良い方法がないですかね。

冬の剪定

今年初めての記事です。

今週は三連休でしたが、風邪のためのどが痛く、土日はほとんど家の中でじっとしていました。
今日は午前中雨でしたが、午後からは止みましたので、少しは体を動かそうと思い、畑に出ました。
今は、畑にはダイコン、キャベツが植えてありますが、手入れが悪いため全然育っていません。暖かくなってきたら成長するかもと淡い期待を持っていますが、どうでしょう。
畑についてやることも無いので、今日はキウイとブルーベリーの剪定を行いました。

Img_0686m

ブルーベリー

Img_0687m

キウイ
どちらも剪定後ですが、剪定前の写真が無いと違いが判らないですよね。
ブルーベリーは種類の違うものを1本づつ植えており、キウイは雄株と雌株を植えております。こうすることで良い受粉が行われ、良い実が成るそうです。
今年も期待したいです。

最後の収穫

だいぶ更新をさぼっているうちに、冬至が近づいてきました。

Img_0685m

畑もダイコンとキャベツが残っているだけで、ネギも寒さで枯れかかっています。

Img_0684m

昨日は、11月に収穫しきれずに土を被せておいたサトイモを掘り起こして全て収穫しました。

Img_0683m

小さなカゴで四つ分ありました。霜で少し傷んできているものもありましたが、大きさも大き目なものが多く、正月用には充分すぎるほどです。
少し乾かして土を落としたらダンボール箱に入れて家の中に保管します。一部は正月に実家に帰省した時にお土産にします。
もうすぐ正月ですね。我が家は11月末に父親が亡くなったので喪中ということですので、新年の挨拶は遠慮させていただきます。
皆様には良いお年を。

遅い発芽

先日の木曜日は関東で11月としては稀な雪になりました。我が家の庭も白くなり、翌日の金曜日まで残っていました。

気温の変動が大きい11月でしたが、13日に種を蒔いたキヌサヤがようやく芽を出していました。

Img_0681m

例年より10日遅く蒔いたため、発芽も遅くなっています。このまま寒くなって成長が遅れると冬を越すことができなくなるかもしれません。
もう少し頑張って大きくなってほしいですね。
畑の周りも秋らしくなって落ち葉などの茶色が目立つようになっています。

Img_0682m

キウイの葉も霜で枯れてしまい、ほとんど落ちてしまいました。

隣の畑のヤマボウシも落葉しています。これからは畑作業は春までほとんどありません。春が待ち遠しいです。

キヌサヤの種まき

例年なら11月3日の文化の日に行うキヌサヤの種まきを十日遅れで本日行いました。

Img_0665m

畝を作り、一か所に三粒づつ種を蒔いていき、覆土をして終了です。今年も花が白い種類と赤い種類の二種類を蒔いています。
種まきの時期は重要で、早くても遅くても来春の成長に影響します。早すぎると年内に大きくなり霜の影響を受けます。遅いと年内に発芽しない場合もあり、春になってからの成長が遅れます。
今日はこの他にキウイとカキ(渋柿)の収穫を実施。キウイは大きさも数も最近では一番良い出来です。キウイは収穫後すぐには食べられず、追熟しなければなりません。室温保管で2週間くらい、リンゴと一緒に袋に入れておけば3~4日で柔らかくなってきます。

Img_0667m

Img_0666m

渋柿は皮をむいて干し柿にする(かもしれません)。カミサン次第です。

だいこん発芽

二週間前に種を蒔いたダイコンが芽を出していました。

Img_0661m

一か所に4~5粒の種を蒔き、発芽して双葉になるころに間引きします。もったいないようですが、一粒づつ蒔くより成長が良いように感じるのは錯覚でしょうか。
間引きして一本立ちさせることで、良いダイコンに育つようです。
収穫まで2~3か月ですから、正月前後になりそうです。
今日は、サトイモを本格に収穫してみました。

Img_0662m

全体の三分の一程度掘ってみました。形や大きさは不揃いですが、素人が作ったものですから美味しく食べられればOKです。

Img_0663m

掘ったサトイモを少し乾かし、土を落としやすくします。
我が家だけでは食べきれませんので、お世話になっている方におすそ分けですね。
畑にはまだ、三分の二ほど残っていますので、師走までの期間に少しづつ掘っていき、正月料理に使いたいと思います。

サトイモ収穫

今日は曇り空で気温も低いので、畑作業を行うには快適でした。

Img_0658m

Img_0659m

サトイモの茎が倒れ始めてきましたので、試しに一株掘ってみました。

土の塊のような根の部分を掘り起こし、土を落として親イモ、子イモと分けてみました。

Img_0660m

大きさは小さめですが、数はそこそこあります。今晩早速煮物で食べてみたいですね。

今日はこの他にゴーヤのネットを片付けました。

Img_0655m

右側の桜の木にまでツルが伸びたゴーヤ

Img_0657m

ゴーヤを片付けてすっきりしました。
桜の木の葉はほとんど散ってしまっていて、晩秋のような趣です。

サトイモ

土曜日、日曜日と二日連続で晴れるのはしばらくぶりです。

昨日は、キュウリのツルを片付け、大きな雑草を取り除いたあと、耕運機できれいに耕しました。
そのあと、二か所に分けて大根の種を蒔き、二か月程度で収穫できると思いますので、正月前後になりますね。

Img_0654m

サトイモの手前の畝がダイコンの種を蒔いた場所

最近、気温が低くなってきたせいか、サトイモの葉が倒れ始めてきました。こうなると収穫が近いかもしれません。
今年は雨が多かったようなので、サトイモの栽培には良かったのではないかと思います。しかし、実際に掘ってみないと分かりませんので、来週、いくつか掘ってみようかと思っています。

片付け

三連休の最終日は、曇り空でしたが、雨は降っていなかったので、トマトのハウスの片づけを行いました。

Img_0644m

最近雨続きで、雑草取りも出来ず、畑が雑草で覆われています。

ハウスの解体は屋根のシートを外し、固定用の横パイプを外し、最後にアーチ状の支柱を地面から抜いて終了です。

Img_0650m

before

Img_0653m

After

この他にキュウリのネットとゴーヤのネットがありますが、ゴーヤは未だ実が成っていますので残しておきます。

Img_0647m

手前の1.5mくらいの高さのネットがキュウリ、奥の葉が生い茂っているネットがゴーヤです。ゴーヤは結構気温が下がっても平気ですね。

しかし、そろそろ冬野菜(大根など)の準備ですね。その前に雑草をなんとかしなきゃ。

バンジージャンプ

10月最初の土曜日は久々にカミさんも休みだったので、二か月ほど前にオープンした常陸太田の道の駅に行くことにしました。

ちょうどお昼時でしたので私は天ざる、カミさんは天ぷらそばを食べた後、農産物などの直売所を眺めましたが、自分でも野菜を作っているので、欲しいものが無く、道の駅を後にしました。
このまま、家に帰るのももったいないので、ちょっと足を延ばして龍神大吊橋に行ってみることにしました。

Img_0630m_6

駐車場に車をとめ、渓谷を眺めようと橋のそばに行くと、橋から紐のようなものがぶら下がっています。

よく見ると紐の先に人が繋がっており、話に聞いていたバンジージャンプを行っているところでした。

Img_0624m

バンジージャンプのことを忘れていたので、ちょっとビックリでしたね。
私は高いところが苦手なので、バンジージャンプなんてとんでもないです。
今回は橋のそばの第一駐車場に止められましたが、紅葉になれば大勢の観光客が訪れて大渋滞になります。そんな時は朝早くか夕方が良いかもしれませんね。

三連休

本日は敬老の日ですが、以前は9月15日と決まっていました。行楽など出かけやすくするために連休となるようハッピーマンデーの祝日になり、土曜日が休みの方には三連休となっています。

今年は台風が次々と来て天候が悪く、水戸も昨日今日と雨のため、出かける気分になりませんでした。

Img_0616m

畑は収穫の終わったスイカ、トウモロコシ、カボチャなどのつるや茎を抜き、耕運機で耕しました。
現在はさといもが収穫までもう少しというところです。

Img_0618m

ゴーヤはまだ花が咲いていますが、さすがにこれからは気温が下がっていくでしょうから実が大きくなることは無いでしょうね。

Img_0620m

天気が悪いので秋冬野菜の準備が出来ないです。

また台風が近づいてきていますので、来週も天気は良くないようです。早く秋晴れが来ないですかね。

9月第二週

今週も土日は畑仕事がメインでした。

野菜の収穫はナスとオクラとキュウリが少しづつで、トマトは終了です。ミニトマトはまだ少しなっていますが、雨で実が割れてしまいすぐに傷んでしまってます。
7月に種を蒔いてなんとか成長しているキャベツは6本だけで、他は成長せずに枯れてしまいました。大きくなってきたキャベツも虫や病気のせいか順調とは言えません。

Img_0608m

農薬を使わずに野菜を作るのはやはり難しいですね。最低限の農薬は必要かもと思うこともあります。もちろん農薬を使わずに作られている方もいらっしゃいますが、大変な手間と時間をかけていることと思います。
サラリーマンを退職したらもっと時間をつぎ込めるかと思っていますが、その頃は体が続かなくなっているかもしれません。
健康に気を付けて続けていきたいと考えています。

Img_0613m

気が付いたらカキの木に青い実が付いていました。昨年は一個だけでしたが、今年は何個なるのでしょうか。

9月第一週

先日の台風は経験したことのないコースを辿って東北地方に上陸し、大きな被害を出しました。しかし、関東は一部を除いて大きな被害は無かったようです。

被害の大きかった岩手県では未だに孤立した集落があり、山間部であるため簡単に復旧出来ないでいます。幸い、私の両親が住んでいる町は大したことが無かったのですが、東日本大震災により被災し、また今回の台風で被災された方もおり、とても気の毒です。
早く復旧することを祈るばかりです。
今回の台風は過去に無い進路だったため、気象庁の予報も難しかったようです。私は最悪関東に上陸することを考慮して、雨戸を閉めたり、畑の支柱の補強などを行っていましたので、大きな被害はありませんでした。

Img_0606m

Img_0607m

Img_0605m

さといも、地這いキュウリ、トマト屋根も大丈夫でした。

そろそろ、夏野菜(トマト、きゅうり、オクラ)は終わりです。これからは、秋冬野菜の準備ですが、その前に伸びた雑草を始末しなければなりません。

今晩もビールが進みそうです。

8月も終わりです

先週火曜日に台風9号が通過したと思ったら、次の火曜日にまた、関東に台風が上陸しそうです。

先週は畑に大きな被害は無かったのですが、今度は猛烈な台風というレベルとのことで心配です。
今年のキウイは、余計な葉の選定をしたおかげか、いつもの年より大きくなっていますので、台風による落果が心配です。

Img_0603m

また、ミニトマトも余計な脇芽を間引いて大きくしたので、一粒の大きさが大きくなっています。

Img_0602m

農家の方も当然ですが、被害が少ないことを願っています。

二週間ぶりです

先週はお盆で田舎に帰省していましたので、二週間ぶりのブログです。

一週空けただけで、畑は雑草で埋め尽くされそうです。

Img_0585m

手前は大玉スイカを植えた場所で、大きな雑草は抜きましたが、向こうの小玉スイカの場所はスイカが見えません。
現在、収穫できている野菜はオクラ、トマト、ゴーヤ、きゅうりなどです。
Img_0584m

Img_0587m

Img_0588m

ゴーヤはネット全体を覆いつくし、後ろの桜の木にまで伸びています。

やはり暑い地方の野菜にとっては気温が高いことが重要ですね。

草むしりをするほうにとっては暑さは地獄ですけれど。

今日も一日草取りでした。(ビールが旨い)

«8月第一週